#0002 SSHクライアントをインストールしてさくらのレンタルサーバーへログインしてみよう

前回さくらのレンタルサーバーを申し込みました。皆さん、無事お申し込みが完了しましたか?今回は、さくらのレンタルサーバーへログインする方法について解説します。さくらのレンタルサーバーへログインする方法は2通りあります。

  • 手元のパソコンにWordPressを公式サイトからダウンロードし、設定ファイルを編集してからFTPでさくらのレンタルサーバーへアップロードする
  • さくらのレンタルサーバーへSSHクライアントで接続し、wp-cliをさくらのレンタルサーバーにインストールし、コマンドラインからWordPressをインストールする

さくらのレンタルサーバー

どちらの方法もそれぞれメリットがあるのですが、SSHで接続してwp-cliで設定するのには次の理由があります。

  • PCからサーバーまでの接続が暗号化される(FTPは暗号化されない)
  • 手順の共有が文字列のコピペで済む(マウスクリックの手順共有は実は大変)
  • 100個のダミー投稿を生成したい、というような場合、wp-cliなら1回コマンドを実行するだけでOK
  • wp-cliを使えばコンテンツやデータベースのバックアップが楽

特に、最初の「PCからサーバーまでの接続が暗号化される」は重要で、WordPressの設定ファイルにはデータベースへの接続に必要な情報、IDやパスワード、データベースサーバーのホスト名が書かれています。この設定ファイルを暗号化されていないFTPでアップロードしたりダウンロードしたりするのは、セキュリティ上よくありません。

また、手元のパソコンに設定ファイルを保存していると、万が一パソコンが盗まれたりしたときに、そこから接続情報が漏れる危険性もあります。こうしたリスクを避けるためにも、手元に設定ファイルを残さず、サーバー上の設定を行う方法を知っておくとよいでしょう。


SSHとは

Secure Shell(セキュアシェル、SSH)は、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコル。パスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化される。 (Wikipediaより引用)

SSH接続を待ち受ける(みんなが繋ぎに来るのを待っている)側をSSHサーバー、SSHサーバーへ接続しに行くパソコンをSSHクライアントと呼びます。SSHクライアントは「端末」や「ターミナル」と呼ぶこともあります。WEBブラウザなどがGUI(Graphical User Interface)と呼ばれるのに対し、SSHクライアントをはじめとする文字での対話型シェルはCUI(Character User Interface)またはCLI(Command Line Interface)と呼ばれます。OSごとに代表的なSSHクライアントを紹介します。

WindowsのSSHクライアント

Chrome OSのSSHクライアント

Mac OSXやLinuxには最初からSSHクライアントがついていますので、これらOSへ新たにSSHクライアントをインストールする必要はほとんどありません。(サーバー用LinuxディストリビューションはSSHサーバーがインストールされていてもSSHクライアントがインストールされていない場合もありますが、ここでは例外とします)

Chrome OSのSSHクライアント「Secure Shell」は、Chrome OSに限らずChrome ウェブブラウザがインストールされていれば動作しますので、WEBブラウザとの画面切り替えが面倒でタブ移動で済ませたい、という場合に使用することができます。


 

さくらのレンタルサーバーへSSHでログインする

さくらのレンタルサーバーへSSHでログインする方法を簡単に紹介します。ここでは、Tera Termを使ってSSH接続する方法をご紹介しますが、他のSSHクライアントの場合は適宜読み替えてください。

まず、今回接続するサーバーの情報を以下の通りとします。接続情報は [さくらのレンタルサーバ] 仮登録完了のお知らせ という件名のメールで送られてくるので、他人へ漏れないよう大事に扱いましょう。

ホスト名 example.sakura.ne.jp
TCPポート 22
ユーザー名 example
パスワード メール本文に記載されている「契約サービスの接続情報」

さくらのレンタルサーバーの場合、ホスト名(初期ドメイン)とユーザー名が同一文字列の命名規則となっています。それではTera Termを起動してさくらのレンタルサーバーへ接続してみましょう。「TCP/IP」を選択してホスト名を入力し、サービスが「SSH」、TCPポートが「22」であることを確認して「OK」をクリックします。

SAKURA_RS_SSH_0001

初回接続時には「セキュリティ警告」が出ますので、「このホストをknown_hostsリストに追加する」をチェックし、「続行」をクリックします。

SAKURA_RS_SSH_0002

「ユーザー名」と「パスフレーズ (パスワード)」を入力して「OK」をクリックします。

SAKURA_RS_SSH_0003

ログインできました。これがログインしたときの画面です。黒い画面ですが、こわくないですよ!

SAKURA_RS_SSH_0004

今回はさくらのレンタルサーバーにSSHでログインできるところまでを確認できればOKなので、ログアウトします。SSHクライアント(ターミナル: 端末とも言う)で次のコマンドを実行します。

SAKURA_RS_SSH_0005

上記のように「exit」コマンドを実行してEnterキーを押すと、ログアウトされてSSHクライアントが閉じられます。SSHでログインしたときに表示される「%」はプロンプトといいます。

プロンプトとは:

 

 

プロンプトとは、MS-DOSやUNIX系OSなど、主にキーボードから文字で命令を入力して操作を行うシステムにおいて、システムが命令入力を受け付けられる状態にあることを示すために表示される文字や記号の並び。利用者はこれに続けてコンピュータへの指示を入力し、改行キーなどで決定する。

 

 

また、転じて、文字ベースの操作画面(CUI:Character User Interface)そのものや、グラフィック表示の操作画面(GUI:Graphical User Interface)で文字ベースの操作を行うためのウインドウを指す場合もある。

 

 

プロンプトとは|prompt|コマンドプロンプト – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典 より引用

今回は何もせずにログアウトしましたが、次回、さくらのレンタルサーバー サーバコントロールパネル よりデータベースを作成した後、 wp-cli のインストール時にSSH接続を行います。

OpenSSH[実践]入門 (Software Design plus)